メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、東京・大阪・愛知・福岡で看護師向けのセミナーを開催しているメディカルセミナーズです。褥瘡・胃瘻・認知症・フットケア・創傷管理・口腔ケア・ストーマなど各テーマのセミナーの情報や、参加者の感想などを紹介しています。

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
高齢者看護&介護について、東京・大阪・愛知・福岡で看護師向けのセミナーを開催しているメディカルセミナーズです。褥瘡・胃瘻・認知症・フットケア・創傷管理・口腔ケア・ストーマなど各テーマのセミナーの情報や、参加者の感想などを紹介しています。

メルマガ / セミナーリポート

(写真:切手俊弘先生)
Kitte

東京(調布市)のオフィスより、

宮崎です。
今朝の東京は、晴れ。
ソラ(白い柴犬)の散歩では、
ヤマトくん(茶色の柴犬)に会った。

ヤマトくんは、
身体がかなり絞れていて、
顔つきもシャープ。

僕:
「ヤマトくん、
いつもカッコいいですね~」

ヤマトくんの飼い主:
「毎朝2時間、
散歩してるんですよ~」

僕:
「2時間……..(スゴイ)」

この人、一体、
朝何時から散歩してるんだろう?

ソラは、30分くらいしか
散歩していないとは、
ちょっと恥ずかしくて、
言えなかった。



さて、昨日、東京では、
新セミナー、切手俊弘先生の
褥瘡対策セミナーが開催されました。

このセミナーでは、
切手先生は、参加者の皆さんと
対話するように講義を進め、

参加者の皆さんを飽きさせないように、
デモンストレーションを3度
取り入れていた。

講義内容は、
褥瘡ケアに重要な「3本の矢」を解説後、
褥瘡ケアの重要ポイントを
基礎編として50、
ガイドラインを活かす応用編として、
15に絞り、話してくれました。

セミナー終了後、
参加者の方に提出をしてもらった
アンケートに目を通すと、

「日頃、疑問に思っていたことが、
理解できて、スッキリしました!」

と言ったような、
「スッキリ」という言葉を
使っていた方が多かった。


講義の中では、避けては通れない、
「コスト」についても丁寧に解説。

その他、
切手先生は、褥瘡ガイドラインの作成に
携わっていた経験があるため、
ちょっと(かなり?)驚くような
秘話なども聞けて、
興味深い内容だった。


あと、企業の方々に加わっていただき、
ドレッシング材、介助技術、
陰圧閉鎖療法などの実演をおこなった。

でも、今回の参加者の人達は、
この実演がちょっと見づらかったかもしれない。
本当に申し訳なかったです。
今後、当社の動画サイトなどで視聴できるように
社内で検討しますね。

次回の同セミナーでは、
ビデオカメラを使って、
実演の様子をスクリーンに
映しだすつもりです。


当社の褥瘡のセミナーでは、
切手先生のほかに、
梶西先生(ETナース)と
堀田先生(医師)が講師を
務めてくれていて、
講義の進め方が、
それぞれ異なります、

僕なりに整理するとこんな感じ。

■梶西先生
(参考:褥瘡ケアスキルアップセミナー)
:褥瘡ケアに必要な知識を一通り学習できます。
※体系的に学びたい方は、イチオシです。
講義:90%、実演:10%

■堀田先生
:褥瘡予防が中心で、褥瘡をゼロにするための
必要な知識、技術は何なのか?を学びます。
※褥瘡予防、OHスケールを学ぶには、ここがベストです。
(講義:80%、実演:20%)

■切手先生
:褥瘡ケアに必要な知識を、
65項目にピックアップして学びます。
(講義:70%、実演:30%)


あなたにとって、
どの先生のセミナーがよいのか?
迷った場合には、
このメールを返信して、
お問合せください。

そのときに、
今困っている内容について
または、特に知りたい事を
記載してくれれば、
オススメのセミナーを
提案しやすいと思います。



話は、切手先生のセミナーに戻りますが、
昼休憩中に面談をしていて、
新しいセミナーの開催が決まりました。

僕:
「当社のメルマガ読者さんからの要望で、
創傷ケアに関するセミナーを
希望する方が、増えています。

また、今日の講義でも話があった、
スキンテアと褥瘡の違い見分け方など、
自己学習では限界があるので学びたい。
という声もたいへん多いため、

今後、褥瘡だけではなく、
創傷ケアに関するセミナーの講演を
をお願いできませんか?」


切手先生:
「創傷ケア全般が、私の専門分野だから、
大丈夫ですよ!」

僕:
「でも、創傷ケアというと
かなりの広範囲となってしまいますが、
どんなプログラムでいきましょうか?」

切手先生:
「ここスライドがあるので、
参考にしてもらい、
調整していきましょう!」

僕:
「ありがとうございます。
拝見させていただきます。
先生、、、すごいスライド数ですね。。。(汗)」


切手先生の創傷ケアセミナー
来年、2月か3月に開催できるように
準備していきますね。


企画部:宮崎




◆セミナーの最新情報や残席状況の確認はこちら↓
http://www.medisemi.com/seminars/index.html   
  
◆メディカルセミナーズのオフィシャルサイト
http://www.medisemi.com

↑このページのトップヘ