メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、セミナー情報などいろいろ発信しています!

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
看護師を中心とした医療介護従事者にセミナーを
開催しているメディカルセミナーズのブログです。
最新のセミナー情報や、会員さま向けメルマガの
バックナンバーなどを発信しています

スタッフ日記


広報部より、

こんにちは、上西です。
9月にはいったとたん
空が急に秋らしくなりました。
保湿が重要な季節ですね。

とたんに、やってくるお肌の乾燥。
手や顔がカサカサになって
あわててクリームを
買ったりしています。

さて、9月から
待ちに待ってた映画が
公開されたので、
見に行って来ました!

タイトルは
「新感染 ファイナル・エクスプレス」
韓国のゾンビ映画です。
807e12b499abce99
(映画の公式サイトはこちらから)
http://shin-kansen.com/

お話は、とある
バイオ研究企業のミスで
危険なウィルスが
もれてしまい

感染すると急激に
脳の機能が侵されて
凶暴化して
ひとを襲うようになる(=ゾンビ化)
というものです。

この辺は、バイオハザードとか、
ほかのゾンビ物と
だいたい同じなのですが、

ソウルからプサンに
向かう列車の中で
乗客が次々ゾンビになっていく!
どうやって逃げるのか!?
というのが見所でした。

映画はすごく面白かったのですが
気になることがありました。

ウィルス感染で
ゾンビになるのですが、
感染経路は、
「噛まれること」。

ということは、
唾液からの感染。

唾液からの感染といえば、
ノロウィルスなどの
ウィルス性胃腸炎でもよく聞く話。

その場合、咳やくしゃみの飛沫や
感染者がさわったものとかにも
注意が必要ですよね。

なのに、ゾンビと戦ってるとき
「噛まれること」以外にものすごく
無頓着なんです、映画の登場人物が。

返り血あびた手で
子どもをさわったり
そもそも、血液から
感染はしないのか?

自分に傷があったら
噛まれなくても
体液がはいると
危険なのでは??

そのことが
気になって気になって。

一緒に見た友人に話すと
「映画なんだから
細かいこと気にしないでよ!」
と言われてしまいました。

でも気になりませんか??

きっと看護師さんはじめ
医療関係のみなさんは
映画やドラマを見て
こんな風に気になること、
実はけっこうあるんだろうな、
と思ったのでした。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」
おススメなので、
ぜひ見てくださいね。


広報部 上西

-----------------------------------
9月&10月の胃瘻ケア、ストーマケア
-----------------------------------


【看護師が知っておくべき胃瘻ケアのコツ 】

※望月先生の胃瘻ケアは、
2年ぶりの福岡開催です。

◆10/1(日) 福岡開催
http://medisemi.com/seminars/2017/09/irou-care-mochizuki-2017-10-1-fukuoka.html

※このセミナーは、
今までに参加をしてくれた皆さんの声を集約すると、、
このような方に、オススメできます。

・望月先生が推奨する
「胃瘻管理に役立つツール」を参考にしたい方

・PEGの術前・術後管理について
きちんと整理したい方

・不良肉芽、薬剤の詰まり、漏れ、
下痢などのトラブル対策を学びたい方

・誤嚥を防ぐための
注入時の体位を確認したい方

・胃瘻カテーテルの
種類と構造を確認したい方

・介護スタッフへの
指導ポイントを学びたい方

・胃瘻の賛否について
見直したいと感じている方

・栄養剤の種類と選び方を確認したい方

・摂食・嚥下機能評価、リハビリについても
関連付けて学びたい方

・胃瘻について、体系的に教育、
指導しなければならない立場の方



---------------------------------

【ETナースから学ぶ!ストーマケアの基礎を固めるセミナー 】

ストーマの専門家、
ETナース梶西ミチコ先生の
ナースの視点からの
人気のストーマケアセミナー、

※残席わずか!
◆9/24(日) 大阪開催
http://medisemi.com/seminars/2017/09/stoma-care-kajinishi-2017-9-24-osaka.html


◆10/22(日) 愛知開催
http://medisemi.com/seminars/2017/10/stoma-care-kajinishi-2017-10-22-aichi-nagoya.html


◆10/29(日) 東京開催
http://medisemi.com/seminars/2017/10/stoma-care-kajinishi-2017-10-29-tokyo.html

↑このページのトップヘ