メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、セミナー情報などいろいろ発信しています!

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
看護師を中心とした医療介護従事者にセミナーを
開催しているメディカルセミナーズのブログです。
最新のセミナー情報や、会員さま向けメルマガの
バックナンバーなどを発信しています

褥瘡 / セミナー参加者の声


こんにちは。
編集部の山田です。

今日は、いよいよ、
6月に福岡で開催する
梶西先生(ETナース)の
褥瘡ケアセミナーのご紹介です。

◆6月29日(土)、福岡開催、
看護師限定, 褥瘡ケアスキルアップセミナー
講師:梶西ミチコ先生
http://medisemi.com/seminars/2019/06/jiyokuso-care-kajinishi-2019-6-29-fukuoka.html

kajinishi
(講師:梶西ミチコ先生)

本日は、
2018年に同セミナーに
参加をしてくれた方の声を
まとめてみましたので、
ご紹介いたします!

少し長いですが、

セミナー選びの
参考にしてください。


<参加者の声>

◆DESIGNツールについて
きちんと説明を聞けたので、
今後評価ができるとおもいます。

◆講義はもちろんですが、
質問にも丁寧に答えていただき、
現場での不安がクリアになりました。

◆看護師の中でも、
褥瘡に対する理解度や知識に差があり、
統一性の無いケアになっていましたが、
今日の内容を持ち帰って、
知識を共有、活用していきたいです。

◆介護施設での勤務のため、
褥瘡ケアに必要な物品の購入は
制限がかかることが多いが、
梶西先生のお話で、
「ある物」で工夫するということの
重要性に気づかされました。
工夫して上手くいったときを思い描き、
介護士や他のスタッフと
がんばっていこうと思います。

◆「さかわらず、いつも笑顔で従わず」(笑) 
「できることは、元気なうちにやっていこうよ!」
「人を大切にするには、自分を大切にする!」
「いろんなことがあった時は、落ち込まず、環境を変えてみる。」
心にしみる言葉が一杯で、涙がこぼれてきました。
梶西先生、ありがとうございました。

◆対象者の様子観察をおこない、
変化に気づき、その都度解決策を考えていく。
全員が同じ方向で行動していくことが
大切だということを再確認し学びとなりました。

◆正しいポジショニング方法を学んだ。

◆今日一番の学びは、
下痢によるびらんのケアの仕方や
予防的スキンケアでした!

◆栄養管理の必要性や、
DESIGN-Rについて再学習をすることで、
知識を整理することができました。
また時期に合わせたドレッシング材の
選択について学ぶことができました。

◆栄養管理について、
当院でも浸透させていきたいと思いました。

◆褥瘡のどの時期に、
何の処置が適切か?、
とてもわかりやすかったです。

◆DESIGNとところは、
写真での評価方法がわかりやすかったです。

◆DESIGNの評価方法で、
肉芽評価がスタッフ間で
ばらつきがあったので、
今回の内容を伝達したいともいます。
あいまいだった箇所が整理できて、
スッキリしました!

◆栄養、微量元素の必要性を感じました。

少しでも、
セミナーをイメージして
もらえると嬉しいです。

セミナーの詳細は
こちらから
ご確認ください↓

◆6月29日(土)、福岡開催、
看護師限定, 褥瘡ケアスキルアップセミナー
講師:梶西ミチコ先生
http://medisemi.com/seminars/2019/06/jiyokuso-care-kajinishi-2019-6-29-fukuoka.html

↑このページのトップヘ