メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、セミナー情報などいろいろ発信しています!

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
看護師を中心とした医療介護従事者にセミナーを
開催しているメディカルセミナーズのブログです。
最新のセミナー情報や、会員さま向けメルマガの
バックナンバーなどを発信しています

スタッフ日記


こんにちは。

梅雨明けが待ち遠しい
東京オフィス(調布市)より、

制作部の田口です。

フットケアリポート
3部作(笑)を終え、

今日はゆるーく、
ねこのお話をさせて
いただきます♪

自己紹介でもお話したとおり、
我が家には3匹のねこが住んでいますが、
その前に先代ねこの「そら♂」がいました。

田口さんっちネコ ソラ
(スタッフ田口宅の先代猫、そらです)

3年前の夏、急に具合が悪くなり、
動物病院に連れて行きました。

身体診察のほか、血液検査を実施。
炎症反応が出たので、半日入院でX線、
エコー検査も受けました。

診断では、小腸に大きな腫瘍があり、
それが腹部を圧迫して食欲不振、
嘔吐を引き起こしているのではないかと。


家族会議をしました。
そらの意志は聞けないけど、
切除して元気になるならと、
全員一致で手術を決めました。

息子と共に、小さい頃から
一緒に育った大切な家族です。
何とか治してあげたい!!!

しかし、何しろ人間のように
健康保険証がありません。
入院手術となると大金です。

タイミング悪く、
その直前に息子の部屋の
エアコンが壊れて買い換え
予定だったのですが…


「そらの病気を治してあげたいから、
今年の夏は、うちわで頑張って!」

息子
「う、うん。絶対そらを治して!
でもせめて扇風機出して~」

何をおいてもまず、
開腹手術に踏み切りました。

。。。。

しかし、
切除した腫瘍を生検に回した結果、
消化管のLGLリンパ腫と判明。

悲しい報告をうけました。
そこから抗がん剤治療を始めたのですが、
発症から2ヶ月後のお彼岸に、
虹の橋を渡りました。8歳でした。

動物の医療も進歩しています。

しかし、獣医師のお話だと、
まだまだ診断が難しいところも
多いようです。

動物は我慢強いから、
症状が現れた時は手遅れの
ことも多いのですよね。

今でも、もっと早く
気づいてあげられたら…
と後悔も多いのですが、

今頃は天国で、
大好きなカリカリを
お腹いっぱい食べているかな♪
と思うようにしています。

あらら、ゆるーく
いこうかと思っていたのに、
しんみりしちゃいました。

コメンナサイ。

制作部 田口

↑このページのトップヘ