メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、セミナー情報などいろいろ発信しています!

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
看護師を中心とした医療介護従事者にセミナーを
開催しているメディカルセミナーズのブログです。
最新のセミナー情報や、会員さま向けメルマガの
バックナンバーなどを発信しています

セミナーリポート / ストーマ


こんにちは。
東京(調布オフィス)より、

「あのぉ、梅雨明けはまだですか?
 おひさま見ていないんですケド…」

『うむ、もう少しの辛抱じゃ。』

「でもー、お布団干せないし、
キノコ生えてきそうなんですケド…」

『ほれ、もうそこまで来てるぞ、
しばし待つのじゃ』

「ハイ…」

などと、
毎日ソラ(空)と
会話している、
制作部 田口です。


梅雨明け、待ち遠しいですね♪

そんな梅雨空の中、
20日に東京では

梶西先生の「ストーマの基礎」
セミナーが開催されました。

20190720梶西先生ストーマ(2)


今回も定員を上回る
受講生の方々が集まり、
皆さん熱心に、
聴講されていました。

梶西先生のお話は、
とても丁寧で分かりやすく、
テキストも参考になりますよね。

「ケアは基本、局所のみだけではなく、
全身を考慮する」とのお言葉、
強く印象に残りました。

ストーマケアに限らず、
全てのケアにおいて言えることです、
本当にその通りですね!


午前中のご講演が終わり、
昼食休憩に入る際、
スタッフは演題のお水と
カップを取り替える業務があります。

今回も交換し、お水はまだ半分以上
残っていたのですが処分したところ、

先生が「お水、引き取りますよ」
とお声をかけてくれました。

九州では夏は水不足の傾向にあり、
「お水は大事ですからね」とニッコリ。

あーー!全くです!ごめんなさい。
マニュアル通りに無造作に処分してしまった
自分を反省。

家では、息子が飲みかけのペットボトルを
放置しているのを見つけるたびに、

「もったいないから、
きちんと最後まで飲まんかいっ(怒)!」
と鼻息荒い私。

なのになのに。。。。

梶西先生のお言葉と笑顔が、
とても心に響いた田口でした。

今後は一言、
お声かけをしてからにしようと思いました。

確かにマニュアルは大前提ですが、
そこにプラスして、少し「考えてみる」余裕を
持って仕事が出来たら、とあらためて感じました。

何事も、日々進歩していかなくては!
ソラ(空)と会話している場合じゃありません。

キノコが生えたっていいじゃないか。
(いや、やっぱり良くないか…)


制作部 田口


P.S.
2人のプロフェッショナルから学ぶ
褥瘡ケアの特別講座は、開催間近です!
http://medisemi.com/seminars/2019/08/jokuso-care-kitte-kitagawa-2019-8-3-tokyo.html

↑このページのトップヘ