メディカルセミナーズ blog

高齢者看護&介護について、東京・大阪・愛知・福岡で看護師向けのセミナーを開催しているメディカルセミナーズです。褥瘡・胃瘻・認知症・フットケア・創傷管理・口腔ケア・ストーマなど各テーマのセミナーの情報や、参加者の感想などを紹介しています。

メディカルセミナーズ blog イメージ画像
高齢者看護&介護について、東京・大阪・愛知・福岡で看護師向けのセミナーを開催しているメディカルセミナーズです。褥瘡・胃瘻・認知症・フットケア・創傷管理・口腔ケア・ストーマなど各テーマのセミナーの情報や、参加者の感想などを紹介しています。

セミナーリポート


東京(調布市)のオフィスより

宮崎です。

今朝の東京はくもり。

今朝のソラ(白い柴犬)の散歩は、
僕が、出張疲労&寝坊のため、
15分程度の散歩で
ソラには、勘弁してもらった。

東京もけっこう
寒くなってきたけど、
柴犬にしてみたら、
けっこう快適らしく

散歩でも元気だし、
食欲も旺盛。


昨日は、大阪で、
松下先生の口腔リハビリ
セミナーでした。

20171119松下先生


今回、過去最高?
というくらい
熱心な参加者の方が多く、

通常、
愛煙家の松下先生は、
休憩時間になると、
喫煙ルームに
向うのですが、

参加者からの質問攻めで、
ほとんど、一服する時間は
与えてもらえず、
(かろうじて昼休憩に
一服できたようですが)

セミナー終了後も同様に、
参加者の皆さんに
囲まれていました。


松下先生のセミナーは、
前半(午前中)は、
呼吸、発話、嚥下のメカニズムを
再確認しながら、

呼吸、発話、嚥下は、
三位一体と言うことを
学んでいきます。

この部分は、
教科書的な講義になると、
眠くなってしまうのですが、

松下先生の
最近携わった事例や、
最近のトピックを
用いながら解説していくので、
実践的な内容ばかり。

毎回内容が異なるので、
何回受講しても新鮮です。


口腔ケア関連の
セミナーだと、

どうしても
口腔ケアの技術的な事に、
関心が集中してしまう
感じですが、

このプログラムの
午前の講義では、

あえて、
開口困難な患者さん、
開口拒否の患者さん
頚部過伸展の患者さん
などなど

それぞれの
患者さんたちに
どう接していくべきか?
を、考え、感じてもらい、

午後からの実習
(口腔ケア&口腔リハビリ)に
取り組んでもらう、
構成になっています。


僕は、
松下先生の講義を
何十回と聴講していて、

「今頃言うなよ!」
って突っ込まれそうだけど、

このセミナーの肝は、
「前半の講義」だと思う。

「前半の講義」を聴講して
どう感じる取るか?
と言うことが、
かなり重要だと思った。


昨日の講義で、
松下先生は、
こんな事を話していました。

----------------------

嚥下困難な患者さんは、
だんだんと、
「欲」が無くなってきます。

「食欲」も同様に
無くなっていきます。

だから、
私は、患者さんには、
年間の目標を1つ出してもらい

患者さんが、
その目標達成への
モチベーションを維持することで、

患者さんの「欲」が、
戻ってくると思っています。

そこで、はじめて、
我々は、「食欲」を支援するための
機能的口腔ケアを行います。

機能的口腔ケア
(口腔リハビリ)は、
患者さんが、
再び食べる喜びを
感じてもらうための
支援方法です。

無理やりする
口腔ケアは、
あまり意味がありません。

----------------------

松下先生は、
「急がば周れ」の
口腔リハビリテーションで、
驚異的な成果を出しています。

回り道でも
患者さんにとって
無理のない確実な方法を
選択する「勇気」も大事ですね。


企画部:宮崎


PS.
次回の松下先生の研修は、
来年2月の福岡会場です。


2/4(日)、福岡会場、
看護師のための口腔ケア&摂食嚥下リハビリ
講師:松下秀明(言語聴覚士)
http://medisemi.com/seminars/2018/02/oral-care-enge-matsushita-2018-2-4-fukuoka.html





◆セミナーの最新情報や残席状況の確認はこちら↓
http://www.medisemi.com/seminars/index.html   
  
◆メディカルセミナーズのオフィシャルサイト
http://www.medisemi.com

↑このページのトップヘ